月別アーカイブ: 2018年5月

美しい肌はデリケート

最近のトレンドと言ってもいいのでしょう、多種多様な雑誌で記事になったりしている、ファスティングダイエットをこなしてみたら、なんと3キロもの減量ができました。きれいになりたい、というその一心でファスティングを頑張ったのですが、改めて鏡の自分の顔を確認してみたら、身体はすっきりしたようですけど、肌、というか顔にしわが増えたかもしれません。

ファスティングダイエットがしわとどう関係しているのかわかりませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、取りあえず、肌のケアをつづけつつ、自分で調べたりしてみようかなと考えています。紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)を同じだけ浴び立としても、それにより肌に出来るシミはその人の肌の性質によってちがいます。簡単に言うと、シミができやすい肌が存在しています。詳しくお話ししますと、色が白くて、きめの細かく整った、いわゆる美肌です。見分けるコツとしては、日焼けした時にヒリヒリと赤くなってしまう人の肌です。美しい肌はデリケートなので、注意が必要でしょう。お年を召したお肌には必ずと言っていいほどシミがあるものです。とは言っても、なんとか改善できる手はないか女性ならそう思うのではないでしょうか。私の経験を言うと、ビタミンC誘導体を試すことからはじめて、次にハイドロキノンの使用を試みましたが、結果として満足できず、今のところレチノールを主に使用している為す。

最終的にシミと戦おうと思うと、レーザー治療が最適なのでしょう。若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲にあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。

元凶はあれしか考えられません。太陽の恵みの副産物、憎き紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)の仕業です。

靴をはけるまでに成長したコドモと毎日のように供に近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。お出かけの準備は戦争です。コドモの持ち物を揃えるだけで一しごと、そのため、自分の方はひとまず帽子だけかぶって見切り発車することが多くなってしまうのです。

ただ、シミのないお肌のためには、外出時の日焼け対策は必須です。

ポケットに入れてでも持っていくことにします。鏡を見て、加齢によるシミににショックを受けたことはありませんか。けれど、シミはその形状やできた場所によって、数種の分類がありますから、シミに合った市販のお薬を探してみたり、皮膚科に行けば、薬を出してもらうこともできるでしょう。市販薬やクリニックの調合薬が万能な所以ではないのですので、あつかいの難しいシミに、どうしたらいいか途方に暮れているのなら、外部刺激による治療法であるレーザー照射もご検討ちょうだい。

肌のくすみを改善したい方は洗顔方法によって改善できるかもしれません。くすみの犯人は毛穴につまった角栓です。

睡眠不足や食生活(きちんと決まった時間に栄養バランスのとれたものを食べるというのが理想です)などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズに行なわれなくなり、古い角質はいつまでも剥がれません。明るい肌つくりの洗顔ポイントは、熱すぎないお湯を使って、保湿洗顔料で、たっぷりと泡を作って、その泡で洗いましょう。

肌のターンオーバーを促すピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)石鹸を週一回ほど使うとくすみの改善に繋がります。お肌と肝臓は、とても密接な関係にあります。

肝臓には多くの血液が流れており、体内に入った物質や産生された物質を代謝・分解することで、懸命に解毒をしている為す。

肝臓が十分解毒してくれないと、有害物質は全身の血管をとおして体内に回り、肌に悪影響を及ぼすのです。肝臓のデトックス力を保つことが、お肌を内面からキレイにするために必要なことなのです。毎日怠らずに紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)対策やスキンケア(素肌がキレイじゃないと、どんなに上にメイクを重ねても美しく仕上がらないこともよくあるものです)をやっていたのに鏡を見てびっくり!顔にシミができてるなんてことがあります。

このようながっかりした経験をお持ちの方も少なくないはずです。そうなってしまったシミを目立たなくするには効果が期待できると言われているビタミンCをどんどん摂ることです。ビタミンCを摂取することによってシミは改善されていきます。毎日食べたり飲んだりするだけではビタミンCは摂りづらい。

そんな場合はビタミンCのサプリを飲むのも簡単に摂取できる方法です。

シミは、ご自宅でおこなうスキンケア(素肌がキレイじゃないと、どんなに上にメイクを重ねても美しく仕上がらないこともよくあるものです)でもある程度までは改善の期待が出来ます。ですが、完全に奇麗にするとなると大変難しいといえます。

ですが、あきらめることはありません。たとえば、美容外科ならば消してしまう事が出来るのです。シミの改善に悩んでいたら、一度、専門家に相談してみてはどうでしょうか。聞いた話では、多くのクリニックで無料カウンセリングを受け付けているそうです。昔にくらべ、「老けたなと」感じるシミなどが一気に増殖してしまうと、辛いものですよね。

昔の自分のような若いきれいな肌をみると、ツヤがあってシミもなくキレイで、妬みたくなってしまうのです。

今この時からでも若い肌を保ちつづける努力をして、これ以上、「シミが増えた」なんてことのないようにしようと思っているのです。ご存知の通り、シミの要因は紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)や老化といわれているので、肌を紫外線(目に対してもUV対策を行わないと、日焼けしてしまうといわれています)から守ったり、アンチエイジングを忘れずにやります。